バラの栽培方法 9月の管理方法

秋の開花に向けた

    準備期間です


秋の整枝(剪定)がまだの人は、

 5日くらいまでに済ませましょう

秋は夏と違い日ごとに日が短くなり、

徐々に気温も下がっていきますバッド(下向き矢印)

秋の剪定の1日の遅れは

1週間の遅れになるといわれていますがく〜(落胆した顔)

ただ、

花がら取りを早めにしっかりとやって

咲かせ続けたいときは、剪定は必要ありません

ぽちぽちと咲き続けるのを楽しんでいる方も

いらっしゃいますから。


さて、最近ではどこで台風台風が発生して

被害を及ぼすかわからなくなってきましたねがく〜(落胆した顔)

予報に注意して、台風台風への対策として

支柱への結束をしておきましょう!

ポットローズならばいっそうのこと倒しておくほうが

よいこともあります。


もし、台風台風の被害を受けたときは

折れた枝やこすれた葉などがあれば処理します。

また、海に近いところでは潮風を受けているので、

水をかけて塩分を洗い流しましょう霧

葉が外側から茶色くなるのは風による

傷みが原因が多いようです。

(木バラ・苗木)

10月に向けて開花準備を・・・

苗木も10月の開花に向けて剪定が必要です
剪定すれば充実した芽が出てそこにつぼみが付きます

目剪定
  春に植えてから成長して株がしっかりしてきたら
  秋に花を咲かせても大丈夫です。
  2段目の5枚葉の上で切っておくと
  そこから伸びた芽の先につぼみが付きます

目水やり
  剪定をした後、2日くらいは水やりは休みます
  その後は乾いたら十分に与えます

目薬剤散布
  まだまだ病気も虫も活躍しています。
  殺虫剤、殺菌剤を合わせて散布しましょうexclamation

目肥料
  フラワーメーカーなどの配合肥料を芽だしの肥料として
  軽くひとつかみ株まわりに円を描いて置きます

(木バラ・成木)

剪定がまだなら、急いで・・・

10月の開花に向けて剪定作業を実施しましょう
よい花をいっせいに咲かせるには必要不可欠な作業ですよ

目剪定
  剪定をする場合は必ず5日くらいまでに・・・
  行わなくてもかまわないですが、
  剪定で株の形を整えて、無駄な枝を取り除き
  よい芽を残すことで10月にすばらしい花を期待
  することができますよわーい(嬉しい顔)
  
目水やり
  剪定により枝葉が幾分少なくなります。
  水分の蒸散も合わせて少なくなりますので
  バランスをとって2日くらいは水やりを休みます
  その後は乾いたら十分に与えます

目薬剤散布
  ハダニはやや下火になりますが、下旬ころには
  ウドンコ病がまた復活します。
  アブラムシは相変わらずですので、
  殺虫剤、殺菌剤の定期的な散布は欠かせません

目肥料
  剪定をする場合もしない場合も
  上旬・中旬にはフラワーメーカーなどの配合肥料を
  芽だしの肥料としてひとつかみ半ほど
  バラバラと置きましょうexclamation

(ポットローズ 苗木)

摘らいをしましょう・・・

まだ株の充実をはかるためにつぼみを取り続けます
9月末についたつぼみは咲かせても大丈夫ですよ決定

目摘らいと台風対策
  今月の20日ころまでは出てきたつぼみを摘み取る
  作業を続けます。
  それ以降のつぼみは秋に咲かせるとよいでしょう
  苗木の場合は特に台風に気をつけましょう
  継ぎ目から折れてしまうことがよくあります
  できれば屋内に・・・

目水やり
  乾いたら十分に与えます

目薬剤散布
  ハダニはいくぶん衰えてきますが、
  下旬にはまたウドンコ病が発生してきます
  どうしても定期的な薬剤散布は欠かせません

目肥料  
  液体肥料を7〜10日の1度与えましょうexclamation

(ポットローズ 成木)

今月の作業は苗木と同じ・・・

花がらをきちんと取りながら咲かせ続けてもかまわないのですが
ポットは樹形が乱れないほうがよいので、
なるべく剪定しましょう

目水やり
  特に鉢植えは肥料やりより水やりが大切です
  絶えず水がたまっているのはよくないですが
  鉢の表面が乾いたら鉢底から抜け出るまで十分に
  与えましょうexclamation

目薬剤散布
  上旬は暑いのでまだハダニに気をつけましょう
  ベランダは地上よりもハダニとアブラムシが
  よくつきます。
  殺虫剤、殺菌剤を合わせて散布しましょうexclamation

目肥料
  液体肥料を7〜10日の1度与えましょうexclamation

(つるバラ 苗木)

株の充実をはかりましょう

つるバラの苗木は秋にはつぼみは
ついても小さかったりとあまりよい花が咲きません
むしろつぼみを取って株の充実をはかりましょう

目摘らい
  つるバラの苗木はたとえ四季咲きでも
  秋に咲く花は少ないので、今秋は咲かせずに
  つぼみは摘み取りましょう

目薬剤散布
  殺虫剤、殺菌剤を合わせて散布しましょう

クラブ肥料
  今月は休みます

(つるバラ 成木)

シュートは大切に伸ばしておきましょう・・・

伸びてきたシュートは来年の大事な開花枝です
なるべく上に伸ばして支柱などを添えておきましょう

目水やり
  乾いたら十分に与えます

目薬剤散布
  殺虫剤、殺菌剤を合わせて、ハダニが出たら殺ダニ剤もかけます

クラブ肥料
  今月は休みます

(オールドローズ 苗木)

株の充実が重要です

まだまだ株は成熟したとはいえないでしょう
来年の春まで、株をしっかり育てましょう

目水やり
  乾いたら十分に与えます

目薬剤散布
  黒点病に注意、アブラムシ、下旬のうどんこ病対策も必要

クラブ肥料
  今月は休みます

(オールドローズ 成木)

つぼみは大切に・・・

たまにつぼみがつくことがあります
大事にして秋の花を楽しみましょう

目水やり
  9月はまだ暑い日が続きます
  十分に与えます

目薬剤散布
  黒点病に注意、アブラムシ、下旬のうどんこ病対策も必要

目肥料
  秋に花を咲かせるものだけ株まわりにバラバラと
  配合肥料をまきましょう!